Like a rolling stone



Calendar





About Me


Yasto

Author:Yasto
ギターリスト

birthday:1985/8/22
blood type:A

BAND:
GOLD RUSH
THE SCENE(SUPPORT)

Ex:
THREE CARD
BLACK PEARL

Links


Entries


Comment


TrackBack


Archive


Category


Diary (466)
未分類 (0)

Rss


QR


QRコード

--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | PageTop▲

2010.08.12  拝啓、ご先祖様


世間はお盆だね~。

ダイスとタカノリは、少し帰省するみたい。
俺はなぜか大阪にいるんだけど。

今年はお盆に合わせて帰れそうにないから、
9月の人がいない時にでも、
ゆっくり帰って墓参りでもしようかな~なんて思ってる。

最近実家に顔出す機会が減ってきてるなぁ。
墓参りにも全然いけてない。



小学校低学年の時と、高校生の時にさ、
じいさんが死んだんだよね。

どっちのじいさんもとっても好きだったんだけど、
小学生の時は、死ぬって事が良く分からなくて、
不謹慎だけど葬式が終わるまでは、
笑ってたよ。
じいちゃんいつ起きるんだろうって思ってなぁ。

そのじいちゃんは戦争中に脚を銃で撃たれて、
よく覚えてないけれど、くるぶしの所にずっと傷跡が残っていた。
でも死ぬ前も元気で、
家の中を歩き回って運動するようなじいちゃんだったから、
俺とダイスといとこと、
いつも後をついて家の中を歩き回っていたなぁ(笑)

葬式が終わって火葬場に行って、
手術台みたいなのに乗って、
自動で窯みたいなのに入っていくでしょ?

その時の光景は鮮明に覚えていて、
火葬場と人を焼く行為への無機質さと、
死ぬって事を理解した時の怖さと、
もう会えないんだっていう寂しさが同時に沸き起こって、
泣いたよ。
わんわん泣いた。

思い出してもビックリするくらい声あげてた。

骨になったじいちゃんを見て、
人間ってこんなに跡形もなく消えるんだって、
また怖くなって泣いて。
知ってはいけない事を知ってしまったような気持ちだけがいつまでも残ってた。



高校生の時に死んだじいちゃんは、
若い時の別の病気で頭はツルツル。
でもそれを笑いにするようなじいちゃん。

死ぬ直接の原因になった肺の病気になるまで、
俺達には笑顔しか見せた事のないとっても優しい人、
いつも冗談を言って俺達を笑わせていた。

じいちゃんは筋金入りの農家で、
大人の手、ゴツゴツした手がとっても好きだった。

死ぬ5、6年前から肺を病んでいて、
それでも隠れてタバコを吸ったり(笑)
入退院を繰り返して、
時にはその余りの苦しさから、
自殺なんかを企てちゃうじいちゃんだった。

あの明るくて優しかったじいちゃんが、
そんな風に変わっていくのは辛くて仕方がなかったし、
思春期だった俺はそんな煩わしさが募って、
家にも帰らず次第に言葉も交わさなくなっていった。

17歳の頃かな、ダイスが大阪にいて俺が岡山にいた時(その時も今くらいの季節だったな)
ほぼ寝たきりになって、酸素ボンベなしでは生活も出来なくて、
抗がん剤のせいで意識と記憶も曖昧で、
もう半年持たないだろうと言われていた。

食事してる読者の方にはゴメンなんだけど、
その頃にはトイレもままならなかったから、オムツしててね。

そんな時ダイスが実家に帰ってきててさ、
俺とダイスとじいちゃんと話してた。
それでダイスが俺の横で、じいちゃんのオムツを代えてたんだ。

じいちゃんは俺達の前で初めて泣いてたよ。
「孫にオムツ変えられる時が来るとはな…」ってな。

そのセリフが辛くて辛くて、
俺とダイスは目も合わせられなかった。
「順番だよ」なんて出来合いの言葉で慰めて、
遠くを見ているしかなかった。


死ぬ何週間か前、
じいちゃんのツルツル頭に、
数えられる程の毛が生えた。

薬もやめたじいちゃんは
「病気が治ったんかのう?これからまたフサフサになるかもしれんぞ」
って、
元気だった頃そのままの笑顔で俺に笑いかけたんだよなぁ。

それから何週間かしてじいちゃんは死んだけど、俺は泣けなかったよ。
多分、別れの準備があまりにも長過ぎたんだよな。

でもその代わり、葬式の日に、
その時付き合っていた綺麗な年上の彼女と別れた。

じいちゃんが「その女はやめとけ」って言ってくれたのかもな(笑)



でも何年も経った今、
思い出して目頭が熱くなる俺がいる。



じいちゃん、9月にはちゃんと二人とも会いにいくよ。
ばあちゃんは二人とも元気にしてるから大丈夫よ。
高校生で止まっとるけん未だにお年玉くれそうになるけどな(笑)
親父もお袋も元気じゃわ。

親にも身内にも心配かけるけど、懲りずに好きな事やっとるわ。

怖い顔せんといつまでも笑っといてな。
いつまでやるか分からんけど許してなぁ。
兄弟仲良くバンドやっとるけん(笑)




意味もなくちょっと語っちゃったなぁ。
読んでくれてありがとう。

みんなも血の繋がり、
繋がってなくても絆、大事にしてな。

自分を生んでくれた先祖に感謝。
それだけです。

Diary | CM(2) | TB(0) | PageTop▲

← 黄金のまどろみ / Home / とんでとんで →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:

Res.


*あいちゃん*>
ありがとうな。
きっと元気でやってると思うよ。
見守ってくれてると思うから、
心配かけないようにしっかり生きなきゃな!
お互い頑張ろう。
2010.08.17(12:36) / URL / Yasuyuki / [ Edit ]




この記事全部読んで
感動した(´・ω・`)

あたしもだいぶ前に
急におばあちゃんが
亡くなって絶対笑顔
で見送るって決めて
たのに‥大声上げて
泣きまくった(>_<)

お葬式の1番最後に
おばあちゃんの顔を
見た瞬間涙が止まら
なくなった(´Д`)

でも‥その葬式から
何日かしてから夢に
おばあちゃんが出て
きて天国でも元気に
やってるのかなって
安心した(*´ω`*)

なんかやたら長々と
ごめんなさい(ToT)

いろいろ共感できま
したっ(`・ω・´)!!

2010.08.13(02:15) / URL / *あいちゃん* / [ Edit ]


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。