Like a rolling stone



Calendar





About Me


Yasto

Author:Yasto
ギターリスト

birthday:1985/8/22
blood type:A

BAND:
GOLD RUSH
THE SCENE(SUPPORT)

Ex:
THREE CARD
BLACK PEARL

Links


Entries


Comment


TrackBack


Archive


Category


Diary (466)
未分類 (0)

Rss


QR


QRコード

--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | PageTop▲

2010.08.24  ゴーイングメリー号を失った日


僕の誕生日の、前日?当日?



長年頑張ってきてくれたTHE SCENE号が遂に廃車になったそうだ。

この間からライヴやスタジオの度に、スタッフもっちゃんから
「今日が最後かも分からへんで~」って聞いていたんだけど、
最後は結局この間のROCK RYDERの日だったんだなぁ。


思えば最初にSCENE号にお世話になったのは、
初めてTHE SCENEでギターを弾く事になった、岡山デスペラードのライヴの時だったと思う。

初めてSCENE号に乗る時は緊張したなぁ。

バンドマンにとってやっぱり機材車っていう物には凄いロマンが詰まっててね。

特にSCENE号って本当に機材車の鏡みたいなステッカーや機材だらけのハイエースで、
当時の俺やdiceにとっては神聖で、憧れで。

俺みたいな若手のペーペーが乗るのがおこがましいような気持ちと、
憧れのSCENE号に乗れる嬉しさでいっぱいだったのを覚えています。



最後の写真も結局撮れなかった。
でも、それで良かったのかもしれない。


THE SCENEにとってこの寂しさはきっと、
俺が語れるような事じゃないような気がします。



これからきっとTHE SCENE号は新しい物になるけど、
ここからは俺も一緒。

旧SCENE号の1/3くらいの歴史だけれど、
最後を共に出来た事、
そしてこれからまたSCENE号に乗って行く事を誇りに思います。



機材車がかわる。
ただそれだけの事だけど。

みんなが自分の場所に、
思い思いにその事を記すようなバンドは、
きっと素敵なバンドだと思う。



SCENE号、お疲れ様。
素敵な旅路と色んな景色を見せてくれてありがとう。

Diary | CM(0) | TB(0) | PageTop▲

← 行く場所、帰る場所 / Home / 25歳のはじまり →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。