Like a rolling stone



Calendar





About Me


Yasto

Author:Yasto
ギターリスト

birthday:1985/8/22
blood type:A

BAND:
GOLD RUSH
THE SCENE(SUPPORT)

Ex:
THREE CARD
BLACK PEARL

Links


Entries


Comment


TrackBack


Archive


Category


Diary (466)
未分類 (0)

Rss


QR


QRコード

--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | PageTop▲

2011.05.18  勇気


diceやTAKANORIのブログでチェックしてくれた人がいると思うんだけれど、
5/26、BLACK PEARLは宮城県の三陸沖に行きます。

重複になっちゃうけれど、
俺達は俺達のやり方で。

これが今回のBLACK PEARLの一連の行動のコンセプト。



いつもこもっている長堀橋のリハーサルスタジオで、
まだアレンジもされていない
「Yell~希望の明日へ~」という楽曲を、弾き語りチックにdiceから聞かされた時、
頭の中胸の中で、その曲に対する想いがどんどん膨らんでいくと同時に、
必ずみんなで被災地に行く事になると、
恐らくメンバーみんな思ったんじゃないだろうか。

俺自身あの曲は、
俺達が自分の足で被災地に出向き、
現状を知り、
そしてもう一度歌う事で初めて本当の意味での楽曲になる事を予感していた。

そして今回、
いつもお世話になってる綾部の「由良川ロックフェス」を毎年開催されているテルさんが、
俺達と被災地とを繋げてくれました。

この事には色々経緯があって、
テルさんの心意気が俺達の心を大きく動かしてくれたっていうのは、
すごくあるんだ。
ただただ、感謝。



あんまりこういう事を長々と書くのも最近しんどいんだけど、
今日はちょっと語らせて貰います。
うっとおしいかもしれないけど、読んでね。



世の中にはさ、無駄とされているものがたくさんあるよね。

ここでいう「無駄」というのは、生きていく上で必ずしも必要じゃないものの事。
自分の置かれた環境が本当に過酷なものになった時、
生きるか死ぬかの極限状態にさらされた時、
俺達がやってるような事、
追いかけているような物はまさに「無駄」なものです。

無くても生きていける。
もっと必要な物がたくさんある。

俺は自分達の事を芸術家だなんて思っていないが、
音楽や絵画やそういう表現者は、
アーティストとか芸術家という括りに入れられる。

芸術や音楽なんていうのはもう、
「無駄」の極みであり、
俺達がバンドとしてステージに立ち、
みんなの前でやっている事はあくまでも「娯楽」であり、
その無駄って言われるものに、
俺の知ってる人、知らない人、たくさんの人間が人生を賭けてきました。

青い春の日、
親や教師に口を酸っぱくしていつもぶつけられてきた言葉。

「無駄な事ばかりやってないでちゃんと勉強しなさい。」
「無駄な努力をしてないで堅実にやりなさい。」

今回東日本大震災が起き、
俺自身がそこで感じた思いでもあった。

「俺達ごときが必死で歌って何になる、無駄じゃねぇか」と。


そういう事をずっと考えながら、
それでも自分達なりに答えを出し、
やるべき事、やれる事を見つけ、
BLACK PEARLは
「Yell~希望の明日へ~」
という曲を音源化した。

レコーディングに入る前、
メンバーであるバーで飲みながら話していて、
そんな時ふと頭をよぎった、
10年ほど前に俺のバイブルになった一冊の小説のこんなセリフ。


「世の中に無駄な物がなかったら、この世はどんなにつまらない事だろう。」


なぜ音楽をやってきたのか。
今までそんな事も考えず、ただガムシャラに、
負けたくない諦めたくないという、
ある種の脅迫観念、
そして初めて覚えた衝動にただ身を任せ、
漠然とそれだけを手がかりにここまでやってきた。



それはそれ。
ずっと大事にしてきた想いです。

だけどここに来て、新しい想いが芽生えた。


きっと俺はいつからか
人生を、笑い飛ばしたかった。

楽しい事の数十倍くらい、
悲しくて、哀しくて、どうしようもできないこの世界と人生を自分の手で変えたかった。

俺らはいつだって「音楽」「笑い」「酒」、
そしてそれらを通して「人間」に救われてきた。

だから俺はきっとそういう「人間」になりたくて、
この「無駄」な事にこれからも命を賭けるのだと思う。

苦しみを笑い飛ばして、
歌を歌って、楽器を弾いて、
酒を飲んで地面を叩いて笑い転げて、
また明日から頑張れる。

そうして最後にまた笑う。

そういう事が出来る人間になりたかったんだ、と。



真正面からぶつかる事はもちろん大切で、
生きてく上でそれは最低限の事です。


だけど好きな事ばかりやって不真面目に生きてきた俺達は、
たくさんの不真面目な笑いによって助けられ、
落ち込んでいる時にはとんでもなく不謹慎な言葉に人生を救われてきたりもしました。

それはこれからも続くだろうと思う。



誰も救えると思っちゃいないよ。
何もそこまで傲慢じゃない。

だけど僕は人として、
何かひとつ答えを見つけられるような気がする。



「無駄」な事ばかりして楽しんでいる俺達だから、
みんなにその「無駄」が持つ力を伝えに行こうと思います。

いや、思い出してもらいに、かな。



やりたい事はただひとつ。
何でもいい。
誰の曲でもいい。
一緒に歌を歌って、
楽器を弾いて、
お酒飲んで、タバコ吸って。
一緒に笑おう。

またみんなで生きよう。


だからみんなが買ってくれた音源の募金で、
たんまり「酒」「タバコ」「笑い」「音楽」を届けにいきます。



賛否両論あると思う。
色んな事を思う人がいると思うけど、
どうか、どうか俺達を温かい目で見守って下さい。

俺達が真剣に考えて出した結論。
応援して欲しい。

間違いはないと思っているんだ。



それとみんなにお願い。

diceも書いてたんだけど、
救援物資を受け付けます。
ただ諸事情によりdiceの書いてる日程じゃなく、
5/25の夜に出発する事になりました。

なので救援物資の受付場所は

『JR綾部駅に5月25日、20:00』

『大阪長堀橋交差点北西角に5月25日、20:30』

『京都八条口に5月25日、21:45』


この三箇所でこの時間に、
救援物資を受け付けます。

俺達が責任を持って届けます。



【お酒】【タバコ】
銘柄とか種類は何でもOK。
【100円ライター】
この辺をメインにして、
機材の関係もあるんだけど、
その他、ものすごく場所をとるもの以外で、これをどうしてもっていう物、
遠慮なく持ってきてくれていいです。

行きたくても行けなかった人、
みんなの気持ちをしっかり持っていくつもり。

賛同してくれる人、
どうかよろしくお願いします。



長々と書いた稚拙な文章、
最後まで読んでくれてどうもありがとう。


とにかく、勇気がいる。
今回の俺達の行動、
どう受け取られるかも分からないし、
すごく怖いです。

だけど、迷いはもうない。



ただひとつだけ。
みんなのありったけの勇気を、
俺達に、ください。



Yasuyuki

Diary | CM(2) | TB(0) | PageTop▲

← 踊る、踊るよ、吐くまで踊る / Home / 全速前進 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:

Res.


アヤ>
ありがとう!
こうやって賛同してくれる人がいる事が何よりの救いであり、
誇りであり、
そして俺達の勇気です。
本当にありがとうございます。
物資、待ってますね☆
想いを届けに行ってきます。
2011.05.20(20:19) / URL / Yasuyuki / [ Edit ]



行く!!と決断した、ブラックパールに涙出そうです。
口だけでなく、しっかり実行する、素晴しいと思います。
是非私のささやかな思いも届けていただきたいと思いますので、物資、持参しますね。
一日も早く皆さんに笑顔が戻ることを願っています。
2011.05.18(21:37) / URL / アヤ / [ Edit ]


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。