Like a rolling stone



Calendar





About Me


Yasto

Author:Yasto
ギターリスト

birthday:1985/8/22
blood type:A

BAND:
GOLD RUSH
THE SCENE(SUPPORT)

Ex:
THREE CARD
BLACK PEARL

Links


Entries


Comment


TrackBack


Archive


Category


Diary (466)
未分類 (0)

Rss


QR


QRコード

--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | PageTop▲

2011.07.25  涙のロックンロール


 昨日のKING COBRAは楽しかったなー。

色んな人と再会出来て、ご挨拶、それからこれからの話をたくさんしてきたよ。
実のある話がたくさん出来たし、繋がりもたくさん出来た。
これから面白くなりそうだ。

 ライヴを見れたのはJr.MONSTERとケッタマシンだったけど、どっちもカッコ良かった。

ケッタマシンはゴキゲンで、気持ち良くって酒が進んだなー。
右己さんのやる新バンドを見れて、とてもイイ気持ちだった。
「涙のロックンロール」という曲ではやっぱり右己さんの歌が胸にジンと染みた。
まぁMCは完全に下島右己でしたけど!(笑)

 それから個人的にKING COBRAのオーナー、KEIGOさん(Ex.A,COBRA)と久々にお話出来た事がすごく嬉しかった。
まさかの色んな話を頂いて、恐縮というか…
実現したらとんでもない事になりそうな話を頂きました(笑)
昔から思ってたけれどKEIGOさんは、本当にパンクで、大きな器を持った大先輩です。
KEIGOさんがいなければKING COBRAも無かったし、今のBLACK PEARLも有り得ない。
いつも俺やdiceを気にかけてくれて、可愛がって貰って、本当に感謝です。

 

 KEIGOさんに会うといつも思い出す話がある。
 
 俺が19歳くらいでホントに駆け出しの頃、あのUSハードコアパンクバンド、THE CASUALITIESが来日してKING COBRAでライヴをした事があった。
その頃diceも俺もTHE CASUALITIESは大好きだったが、その時俺は全く金がなく、せっかくの日本公演なのに見れなくて悶々としていたんだが、その時、勉強の為にと、KEIGOさんが俺達を呼んでくれ、PA席からライヴを見せて頂いた。

 この時点までは良かったんだが、CASUALITIESのライヴ中、隣で見ていたKEIGOさんがあるものに気付いた。
目線の先を追うと、それは直前にライヴをやったタイバンのバックドロップ(ステージ後方に掲げるフラッグ)だった。

KEIGO氏「フラッグ忘れたままかかってるな~。」
俺「そ、そうですね…(汗)」
KEIGO氏「…。」
俺「…。」
KEIGO氏「…よっしゃ!ヤス、取ってきて!」
俺「え、えええええ!!」

断れるワケもない。
 
 久々の日本公演だ。
この日はもちろんハードコアイベントらしく大荒れ。
しかも大トリCASUALITIESと来たもんだ。
百戦錬磨の猛者、鋲ジャンだらけのハードコアパンクス達のモッシュ&ダイヴの嵐。

 しかもいつの間にか、感情が高ぶったファンがステージに上がり、それが謀らずもギターのシールドに引っかかり抜けてしまって、メンバーは怒り心頭…。
ケツを蹴り上げ、ステージから蹴り落とすなんていう、もはや狂気のライヴである。
フロアでもあわやケンカというシーンが瞬きをするごとに繰り返されるくらいだった。
バンド、観客ともにボルテージは最高潮だ。

 その異空間にも似た狂気のステージの後ろから、一瞬の動きでスッと出てスッとフラッグを外してスッと帰っていく俺の姿は、きっと人生で最速だろうというくらい迅速な動きで、覚えている者は誰もいないという。

 THE CASUALITIESの皆さん、これがジャパニーズ・ニンジャです!
俺は忍びの血を引いているかもしれない!

 いや、冗談抜きで、あの時ばかりは、確実に死ぬと思いました。

 

 …っていう、色んな意味で本当に大きな先輩KEIGOさんとの、ある意味涙のロックンロールな思い出話でした(笑)

Diary | CM(0) | TB(0) | PageTop▲

← 「自分に正直」と「ワガママ」 / Home / Up & down →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。