Like a rolling stone



Calendar





About Me


Yasto

Author:Yasto
ギターリスト

birthday:1985/8/22
blood type:A

BAND:
GOLD RUSH
THE SCENE(SUPPORT)

Ex:
THREE CARD
BLACK PEARL

Links


Entries


Comment


TrackBack


Archive


Category


Diary (466)
未分類 (0)

Rss


QR


QRコード

--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | PageTop▲

2011.08.25  光のさす方へ


 昨夜、ある友人から電話がかかってきた。

 彼女とまともに話をするのは6年ぶりくらいだったので、
着信が表示された時、何かあったのかと思うほどビックリしたが、
どうやら特に用があったわけじゃなかったらしい。
電話に出ると
「一人で飲んでいて、ただ懐かしくて話がしたくなったのだ」
と、少し呂律のまわらない口調で話した。

 6年前、20歳の頃は一人で酒なんて飲むキャラじゃなかった。
昔からプライドが高くて気の強い女だった。
彼女は学生時代、俺の親友と付き合っていて、とてもしっかりしていた彼女と、
女の子のケツを追いかけるかバンドしかしていなかった気楽な俺という構図で、
顔を合わすとよく彼氏を挟んでケンカしていたような気がする。

「アメリカに移住して一生キャリアウーマンで、一人で生きてやる!」
と彼氏の前で豪語していた時は、
苦笑いしながら「何て女だ…」と思ったものだ。

 そんな所も魅力な天真爛漫でワガママで負けん気いっぱいだった彼女が、
6年ぶりにかけてきた電話は、少し不思議な感じだった。
彼女は電話の中で「幸せ」って何なんじゃろうねぇ…と地元の中国地方の方言が入った言葉で呟いた。

 いつも気丈だった彼女が6年ぶりに、しかも夜中に、いきなり電話してきておいて、
しかも不似合いな弱気な姿になっているのが許せず、
寂しさと悔しさの混ざった複雑な気持ちに任せてほとんど何も考えずに、無意識に俺はまくし立てた。

 何を言いたいのかも分からない。
だけど全部、言い終わってから
「俺、そうなんだ…」
と思った(笑)

彼女はひとしきり黙って、
「変わってないね~あんたは…」
と言った。

 変わってないのかどうか知らないけど、
やっぱり何も考えてねぇんだな俺は(笑)
ただ楽しいところへ。
もちろんその楽しさは色んな意味があるけれど。

でも、楽しい、
そんな人生を悪くないと思っている。



 さて、今夜はBLACK PEARLのスタジオリハ。
28日の日曜は、名古屋TINY7にBLACK PEARL、初出演。
名古屋初上陸です。



今日も今日とて、ワクワクする方へ。
行ってきます。

Diary | CM(0) | TB(0) | PageTop▲

← セミが鳴きやむ前に / Home / gangsters ツーマンシリーズ →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。