Like a rolling stone



Calendar





About Me


Yasto

Author:Yasto
ギターリスト

birthday:1985/8/22
blood type:A

BAND:
GOLD RUSH
THE SCENE(SUPPORT)

Ex:
THREE CARD
BLACK PEARL

Links


Entries


Comment


TrackBack


Archive


Category


Diary (466)
未分類 (0)

Rss


QR


QRコード

--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | PageTop▲

2011.11.21  俺は今、こんな風に生きてなかったら


 夢のように楽しかった一夜から、現実へただいま。
戻るのに2日かかりました(笑)

 11/19、名古屋TINY7に集まってくれた皆さん、どうもありがとう。
いやぁ、本当に楽しかった。
イベントが始まる前から打ち上げが終わるまで、終始あんなに楽しんだのは本当に久し振りだったよ。
「サラケダシSP」は、色んな人の愛がぎっしり詰まった、本当に最高なイベントだったね。
関係者の皆さん、それから遊びに来てくれたみんな、本当にありがとう。

 オープンからTINY7のフロアはたくさんの人で埋め尽くされた。
全バンドがハンパじゃなく盛り上がったし、O.Aのヒビ君バンドからトリのケッタマシンのアンコールまで、
この日は右己さん祭り。
個人的にはテンションが上がり過ぎて弦も切れ、チューニングも狂ってしまい、
ラスト3曲あたりはギターもひどいモンだったが…(汗)
でもBENさんや、THE SCENEのメンバー、そして右己さんがくれたあのステージを大切に、思いっきり楽しんだよ!
THE SCENEは最高のカタチで2011年を締めくくれたと思っている。
とにかく、どうにかなっちゃいそうなくらい気持ちよかった。

 そしてこの日は各バンド、サプライズで右己さんの今までの経歴で発表してきた曲から一曲チョイスし、カヴァーした。
TRASHは右己さんのソロ曲、「墓場」を。
FUNGUSはGUSUSの代表曲である「UNDER THE FLAG」を。
そして我らがTHE SCENEはオリジナルメンバーのBENさんがサポートと言う事で、GUSUSの名曲、「己」をプレイ。
やっぱり名古屋で右己さんの曲は相当盛り上がるなぁ。
人の曲であれだけ気持ち良くなれるステージはなかなかないよ(笑)

 出番が終わってからは、FUNGUSとケッタマシンで、酔っ払って大暴れしちゃった!
あんな風に暴れて踊ったのも久し振りだったなぁ…
久々のダイヴで身体の色んな場所に傷を負って、今日も全体的に痛いです(涙)
だけどこの痛みが、十代の頃に戻ったようで懐かしい。

 その日出演した全てのバンドのライヴが終了し、興奮冷めやらぬヘロヘロの頭でひとつ再確認した事がある。
俺のルーツや青春は確かにあそこにあって、
俺はあんな風にスゴいライヴをする先輩達の中に入りたくて、
一緒に酒を飲みたくて、あの先輩達に認められたくて…
そう思って俺はギターを握ったのだった。
そしてこんなライヴをする為にバンドを始めて、岡山の片田舎から出てきたんだなぁと。
これは紛れもない事実で、自分がこれからどんな場所に行こうが、
必ず俺の心のど真ん中にある不変の志であるという事。
別に今更言うコトでもないのかもしれないが…(笑)
ただ、誰にどんな風に思われようが、俺はその自分を否定しないし、何があってもこのルーツを誇りに思う。
そして俺達は常に前に進まなきゃならない。
何かを創りあげて、そして壊して、その繰り返しなのだ。
自分のロックで転がり続けてきた右己さんからそのコトを身をもって教えられたような、そんなイベントだった。

 しかし、酔っ払い過ぎて打ち上げでは早々に撃沈…情けなや…
起きたら予想通り、顔面一帯コーイチ君や右己さんに落書きされてたので、起きた瞬間便所で落としてやりましたよ…
しかし帰り道に事件は起きた。
帰りの車は俺が運転して帰ったんだが、高速で料金を支払う時、右手で金を差し出すと、料金所のおじさんが怪訝な顔をする。
視線を落としてみると、右手の内側に



「右」



って書いてあった…
そして左手を見ると案の定、「左」と…



いや!!
書かなくても分かりますし!!
俺、もしかして寝てる間に一度解体されて、プラモみたいに組み立てられたのかな…?



 最後になりましたが右己さん、40歳のバースデイ、そしてレコ発おめでとうございます!
これからも喜怒哀楽とともに、転がり続けるカッコイイ右己さんであるコトを思いながら…みなさんに乾杯☆



今を生きる為に苦して走るマイウェイ
そして喜怒哀楽とともに生きる道
(喜怒哀楽/下島右己)

Diary | CM(2) | TB(0) | PageTop▲

← スパート / Home / サラケダス →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:

Res.


HAL>
こちらこそ、ありがとう!
ホントに素敵な空間でしたね!
あんな気持ちを忘れずにこれからもロックしていきたいと思います。
もしも俺が忘れかけてたら、その時は言って下さいね(笑)
2011.11.22(17:52) / URL / Yasuyuki / [ Edit ]



ライブお疲れさまでした!
あんなに楽しいがぎっしり詰まったライブは久々でした。
とても幸せな時間をありがとう。

素敵なルーツです。
大切に誇りに思ってくださいね。
どんな場所に行っても、誰に対しても。
2011.11.22(09:04) / URL / HAL / [ Edit ]


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。