Like a rolling stone



Calendar





About Me


Yasto

Author:Yasto
ギターリスト

birthday:1985/8/22
blood type:A

BAND:
GOLD RUSH
THE SCENE(SUPPORT)

Ex:
THREE CARD
BLACK PEARL

Links


Entries


Comment


TrackBack


Archive


Category


Diary (466)
未分類 (0)

Rss


QR


QRコード

--.--.--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | PageTop▲

2012.07.08  向かい風が追い風に変わる瞬間


 「がんまちな Vol.2」の次の日、延々と続く打ち上げを少しだけ早め(とは言っても朝6時…(笑))に切り上げて帰宅した。
本当は気が済むまで飲みたかったのだが、
その日は昼からGOLD RUSHの楽曲製作とスタジオリハーサルの予定があった。
自宅のベッドで泥のように眠りこけていると、YU-KI君がやってきた。
程なくしてAKIRA、DATCHが順番にやってくる。
4人揃った所で、それぞれが持ってきた曲を元にセッションを始める。

 最近のバンドはインディーズでも情報力、制作力がハンパじゃない。
楽曲の製作担当者がたった一人パソコン上で製作をし、
全てのパートを完璧にデータに起こしたデモの状態でメンバーに渡して、
それをプレイするというようなスタイルのバンドも今は少なくないが、
いかんせん俺達はアナログバンド…
簡易の作曲くらいはPCで出来るメンバーもいるが、基本的にそんな専門的な知識と技術は持ち合わせていない。
こちとらずっとライヴハウスでしか転がり続けていないチンピラの集まりなのだ。

 この製作方法は、実はこのGOLD RUSHを始めて2回目で、すごく新鮮で面白い。
それぞれの持っているモノ、光るモノ、やりたいモノ、
その全てが俺には新鮮で、全てがメンバーへ対しての新発見である。
まだAKIRAとDATCHに声をかける前、YU-KI君と2人、GOLD RUSHについてのコンセプトを、酒を飲みながら話した。
その中で、2人の共通意識として即座に挙がったコトのひとつは
「楽曲に妥協しないバンドをやろう」
というコトだった。
4人がとにかく楽しんでライヴをやれるような、
そしてそれが聞いている人の視覚と聴覚に心地良く入っていくような。
そんなバンドをやりたいな、と。
カッコイイ音楽をやりたいというスタートラインを見失っては、どれだけやったところで俺には意味がないのだ。

夕方まで製作をし、土砂降りの雨のなかスタジオへ出掛けた。



 それから一週間後の昨日、深夜スタジオリハーサル。
少しずつではあるが、確実にまとまってきている。
8/19には、皆さんに自信を持ってライヴを届けるよ。
期待しててね。

 リハ終了後、ミーティングしていると、なんとBEAT☆SOULのベーシストTOMさんに偶然お会いして、声をかけて頂いた。
昨夜はBEAT☆SOULのスタジオではなく、
サポートで参加しているSPRAYのスタジオリハーサルだったようだ。
ちょうど良い機会なので、ここで告知を。

 11/24、京都二条GLOWLYでBEAT☆SOULが主催する「GAMUSHARA Vol.9」に、GOLD RUSHが出演させてもらうコトになりました!
わー!!

一部の競演メンツを聞いたんだが…
楽しみ過ぎるぞ!
BEAT☆SOULからの正式発表をお楽しみに!



P.S
すごくイイ温度とスピードで物事が進んでいます。
俺達を押し上げようとしてくれてる全ての仲間とバイヴスに感謝。
予想は裏切り、期待に応えます。

Diary | CM(0) | TB(0) | PageTop▲

← するりと街を抜けて / Home / 皆さんへの重要なお知らせ →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。